11th SINGLE『グッバイ・ピレウス〜ピレウスの若者たち〜』[ルルーディア]/『Goodbye Piraeus』[LULUDIA] [mus-9]

11th SINGLE『グッバイ・ピレウス〜ピレウスの若者たち〜』[ルルーディア]/『Goodbye Piraeus』[LULUDIA] [mus-9]

販売価格はお問い合わせください。

 

☆YouTube チャンネル登録は、こちらから☆

 

11th SINGLE 『グッバイ・ピレウス』

 

作詞・作曲 渡辺隆

 

Ah 毎日が 当ての無い 一人旅のような 心を 感じたまま
Huありふれた 生活に たどり着くために 今日も 歩いてる

 

Ah あの頃は 勝つことと 敗けることだけが いつでも 全てだった
男とか 女とか つまらぬプライドに 振り回されてた

 

幸せになれるもの 答えはいつも一つだけ 割り切れるもの全て ゼロと決めつけた
疑うこともなく 現実をまっすぐ見れば 曇りの無い景色 見えるはずさ

 

正しさに生きること 幸せを探すこと いつの間にか 勘違いしてた
大人びたふりしては 分かった顔をしてた いつの間にか 繰り返してた
あの頃のティーンズ Good-bye Teen-age

 

Ah 果てしない夢さえも 怖いものなしで まっすぐ 見つめられた
目の前に あるものを 積み上げていけば 叶うと信じた

 

まっすぐな道のりを ただ歩き続けさえすれば たどり着けぬ場所など 無いと夢見てた
迷った足跡の 意味など考えられずに アスファルトの歩道 走り抜けた

 

僕が求める心 君が望む優しさ いつの間にか すれ違ってた
急ぎ過ぎることしか 上手く覚えられずに いつの間にか 駆け抜けていた
あの頃のティーンズ Good-bye Teen-age
グッバイ・ピレウス

 

☆楽曲に込めた想い☆

 

映画『日曜はダメよ』で世界的に知られるようになったギリシャの名曲『(邦題)ピレウスの若者たち』へのオマージュとして、故郷ギリシャのピレウス港で描いた曲です。

若かりし時代を「懐かしみ」「嘆き」そして「今を生きていく」というメッセージを込めました。

 

LULUDIA

ジャケット撮影地 ギリシャの港町「ピレウス」
撮影 渡辺 隆

 

☆配信は、こちらから☆

 

 

『Goodbye Piraeus』

 

Words & Music: Takashi Watanabe
Arrangement: John I. Yuei
Vocal: LULUDIA

 

THEME OF THIS SONG

 

I wrote this song in my home town in Greece, Piraeus port
as a tribute for one of the best Greek songs which is known as the theme song of“Never on Sunday”.
The main themes are nostalgia, lamentation of youthful days,
and, most importantly,“Live in the moment”.

 

LULUDIA

 

The location of the cover: PIRAEUS PORT, GREECE
Photographer: Takashi Watanabe

 

☆Download & Streaming☆

 

 

☆LULUDIA website☆ 

 

☆LULUDIA YouTube☆

 

 

11th SINGLE『グッバイ・ピレウス〜ピレウスの若者たち〜』[ルルーディア]/『Goodbye Piraeus』[LULUDIA] [mus-9]

販売価格はお問い合わせください。

Facebookコメント