知恵の象徴 ふくろう


西洋では、ギリシャ神話(古代ギリシャでは女神アテナの聖獣であり、「森の賢者」と称されるなど『知恵の象徴』とされている。) に由来してふくろうは、「聖鳥(神の使い)」「英知の象徴」「霊力を持つ鳥」と呼ばれ、目に見えない自然界の様々な潜在的問題を、英知と不思議な霊能力で解きほぐし、人間を守ってくれる「幸福を呼ぶ鳥」として人々に信じられています。
日本でも、「目先の利く鳥」「頭の回転が良い鳥」など縁起のよい鳥として見直されてきました。現在では、「不苦労」「福郎」のゴロ合わせから福を呼ぶものとも言われています。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

4